・ラバーダムについて

「ラバーダム」って知っていますか?

「ラバーダム」を歯科の治療の時にしてもらったこと有りますか?

「ラバーダム」を使用すると右の写真のような状態になります。
(この写真は当医院の患者さんの左下奥歯の根の治療中の様子です。)

「え?なにそれ?」

って思われる方が殆どだと思います。
日本の一般歯科での使用率は5%とか言われていますが、多分もっと低いと思います。

ラバーダムとは何なのでしょうか?

ラバーダムは、治療中の歯に金属やプラスチック製の器具(クランプ)をつけて、ゴム製のラバーシートをクランプに引っ掛けて写真のような状態にします。
そうすることで下の写真のように治療している歯を口腔内から独立させることが出来ます。

何のためにこの状態にするのでしょうか?
  • 口腔内から隔離することで唾液・血などからの感染防止
  • 唾液や呼気などからの湿気を遮断
  • 器具や薬液が口腔内に入るのを防止
  • 治療する歯のみになり集中できる
などです。

歯の根の治療をするときは特に、根の中の細菌の数を減らすことが治療結果を左右しますので、唾液などからの再感染を防ぐというのは非常に大切です。
根の治療をする道具は非常に小さく鋭利なものが多いので、手が滑って喉に落とすという可能性も十分あります
消毒する薬は粘膜に当たると火傷のようになるものも有ります。
それを防ぐというのもとても大切ですね。

ラバーダムしていると患者さんは苦しいの?


写真を見ると息苦しそうに見えますが、鼻は覆っていませんし、口も横から息ができているので苦しくはありません。
患者さんからの感想で、バキュームで吸ったり、エアーを何度もかけられて口腔内が乾燥する気持ち悪さよりかは、ラバーダムしている方が楽だということです。
薬品の味や臭いもほとんど感じないし、削ったり洗ったりする水が口の中に入ってこないのも良いそうです。

口を開いているのが難しい人は開口器という、ゴム製のものをかんでもらって意識しなくても口が開いたままになるようにしています。写真の方にもかんでもらっています。

実際に治療の時に寝てしまいそうになる人もいるくらいです。

痛みはないの?


ラバーダムシートによって歯が引っ張られる感じはあり、軽く痛いと感じる方はいますが、すぐに慣れてきます。

ドクター側のメリットはどうなんでしょうか?

  • 器具や薬品が口腔内に落ちるのを防いでくれる。
  • 削ったり、洗浄したりした水が吸いやすい。
  • 舌などが邪魔しない。
  • ツバ・呼気などの水分がレジンなどの接着に邪魔をしない。
  • 根の治療の成功率が上がる。
など非常にメリットがあります。

特に、写真の患者さんのような奥歯の治療の時は特にメリットがあります。
奥歯は、舌や頬、ツバ、など治療の邪魔をするものが常にやってきます。
これがなくなるだけで非常に楽に治療が出来るのです。

もちろん、前歯の場合もラバーダムを行います。

当医院は、より良い結果とより安全性を高めるために可能な限り、根の治療や虫歯治療に対して、ラバーダムを行っています。
初めてのことで驚かれることもあるかもしれませんが、ご理解をお願いします。

担当歯科医師によるブログの参考になる記事

ラバーダムって知っていますか?治療の時してもらったこと有りますか?
ラバーダムについて : 実際、患者さんは苦しくないの?
Comments