・ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは


 ダイレクトボンディングとは、歯と同じ色の樹脂であるコンポジットレジン(CR)を、直接、歯に盛り足していくことで、むし歯の治療や、歯の形・色をかえたりすることが出来る審美歯科治療方法です。

 他の修復治療に比べて、
  • 歯を削る量が最小限で済む。
  • その日に治療が終了する。
  • 歯の形・色を変えることが出来る。
 などの非常にメリットがある治療方法です。

 特に、型を取る治療方法と違い、歯を大きく削る必要が無い、場合によっては一切削ること無く出来るため、麻酔なしで行うこともあり、歯へのダメージも最小限で済みます。

 歯にダメージを出来るだけ少なく審美的に美しく治療したいという方にはかなりおすすめの治療方法と言えます。


メリット

  • 必要最低限しか削らない。
 金属やセラミックなどの詰め物や被せ物をする治療法は、どうしても、健康な歯の部分を削る必要があります。アンダーカット部分には金属やセラミックは型どりして後から入れる関係上、作ることが出来ないからです。
 それに対して、ダイレクトボンディングは、柔らかい樹脂を詰めていく方法のため、虫歯の箇所のみ削ることが可能です。
 削る量が最小限ということは、歯に対するダメージも最小限にできるということでもあり、歯を大切にすることが出来ます。
 場合によっては、麻酔なしで行うことも出来ます。

  • 歯の形を変えることが出来る。
・歯と歯の間に隙間がある場合(歯間離開)
・歯が欠けた場合
・歯が折れた場合
・歯が小さい場合(矮小歯)
 など、歯に樹脂を足すだけで審美的に良くなる場合は、削ること無く、歯の形を変えることが出来ます。
 場合によっては、より魅力的に見えるように歯の形を変える事もできます。

  • 治療はその日に終わる。
 治療部位は、削ってその日のうちに歯と同じ色の樹脂コンポジットレジン(CR)を詰めるので、一日で終ります。
 治療期間も短く、安心できます。

  • 修理が比較的に簡単に行うことが出来る。
 セラミックや金属などは、欠けたり壊れたりした場合は、すべて除去して、再び型を取るところからしないと修理が出来ません。
 それに比べ、ダイレクトボンディングに使うコンポジットレジン(CR)は、欠けたり壊れたりしても、その部分のみを少し形を整えて、再び詰めるだけで修理ができることが多いです。
 CRが変色した場合も、そのCRのみを削り除去して、再びきれいなCRを詰め直すだけで審美的に綺麗にすることが出来ます。

  • 被せ物や詰め物に比べて安価。
 セラミックの詰め物や被せ物などは、技工士という職業の人に作って貰う必要があり、どうしても値段が高くなります。(確かに、安い被せ物をしているところもありますが、審美的に問題があったりもします。)
 それに比べダイレクトボンディングは、すべての行程を歯科医師がその場で行うため、比較して安価にすることが出来ます。
 削る量も少なく、安価なダイレクトボンディングを検討してみてください。

  • 削れたり欠けたりしてくれる。
 これはメリットでもありデメリットでも有ります。ダイレクトボンディングに使用する歯と同じ色の樹脂コンポジットレジン(CR)は、金属や、セラミックに比べると柔らかいです。
 そのため、過度の力がかかると削れたり欠けたりします。確かに、そうなるのは良くないとも言えますが、逆に、過度の力がかかっても修復物が壊れなかった場合は、歯の根が折れたり、噛み合う歯が割れたりします。それを防いでくれるという点ではメリットと言えると思います。

 天然の歯も少しずつ歯は削れていっています。それに合わせて、CRも削れていってくれるというのも残りの歯にとっても非常にやさしいです。





ダイレクトボンディング 治療前
ダイレクトボンディング 治療後



ダイレクトボンディング 治療前
ダイレクトボンディング 治療後



ダイレクトボンディング 治療前
ダイレクトボンディング 治療後



料金表


  1歯につき

簡単
・・・・・32,400円(税込み)   

複雑
・・・・・43,200円(税込み)   

*毎回再診料(5,400円)が別にかかります。

Comments